スポンサードリンク

2016年04月15日

立川断層帯 東京の断層

○活断層とは?

活断層とは、最近の地質時代に繰り返し活動していて、将来また活動すると考えられる断層です。「最近の地質時代」とは、地質時代の最も新しい区切りである「第4紀」をいい、概ね200万年前から現在までのことです。

【立川断層について】

立川断層帯は、埼玉県入間郡名栗村から東京都青梅市、立川市を経て府中市に至る断層帯で、名栗断層と立川断層から構成される。全体として長さは約33kmで、概ね北西−南東方向に延びている。

【立川断層帯の過去の活動】

立川断層帯の平均的な上下方向のずれの速度は、0.2−0.3m/千年程度と推定される。本断層帯の最新活動時期は約2万年前以後、約1万3千年前以前で、平均活動間隔は1万−1万5千年程度であった可能性がある。

【立川断層帯の将来の活動】

将来マグニチュード7.4程度の地震が発生すると推定され、その際に北東側が相対的に2−3m程度高まるたわみや段差が生じる可能性がある。本断層帯は、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の活断層の中ではやや高いグループに属することになる。

posted by すばりすと at 23:02 | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする